結婚式の招待状の返信メッセージ!友人や後輩・上司などの文例使い分け

結婚式の招待状の返信メッセージ!簡単そうに見えますが友人や後輩・上司など相手によって、メッセージの使い分けや言葉使いを考えなければいけません。

マナー違反にならないように気を付け、お祝いのメッセージを返信しましょう。

スポンサーリンク

結婚式の招待状の返信メッセージのマナー

結婚式の招待状が来たら出席や欠席にメッセージを書いたらOK!と思っている人はいませんか?お祝いのメッセージ欄を空白のまま出してる人がいますが、きちんとお祝いの気持ちを書いて下さいね。

お祝いのメッセージを書くときは守るべきマナーや使ってはいけない言葉などもありますので紹介します。

結婚式、招待状、返信、メッセージ、友人、後輩、上司、文例

まず、一番最初に気をつけて欲しのが招待状の返信期日です。

返信期日は比較的長めになっていますが招待側の準備がスムーズに進むように早めに出すのがマナーです。

招待状が届いてから2~3日以内、遅くても1週間以内には出すように心がけて下さい。

これが、なかなか返信を出さない人がいるんですよねー(;・∀・)

『まだいっか♪』なんて思っているとあっという間に時間が過ぎるので要注意です☆

また、メッセージを書くときは句読点は使わないのがマナーです。

句読点は終止符を打つという意味を持ちますので「、」「。」は使わないようにして下さい。

絶対に句読点を使ってはいけないというわけではありませんが、句読点を使わずにメッセージを書ける人は上級者ですね。

縁起の悪い言葉も使わないようにしましょう。

切る、終わる、壊れる、嫌う、失う、逃げるなどの言葉は意識して避けて下さいね。

結婚式のお祝いの返信メッセージを書くときはこれらに気を付けて書くといいと思います。

スポンサーリンク

友人や後輩・上司など文例使い分け

結婚式のお祝いの返信メッセージを書くときの例文も紹介しますので参考にしてみて下さいね^^


【仲の良い友人や後輩に書くメッセージ】

☆ご結婚おめでとうございます

末永くお幸せにね

当日を楽しみにしています

☆ご結婚おめでとうございます

喜んで出席させてもらいます

結婚式当日までいそがしいと思いますが身体には気をつけてね

☆ご結婚おめでとうございます

喜んで出席させていただきます

お幸せにね

簡潔にお祝いのメッセージを書いていますが、きちんとお祝いする気持ちが伝わるメッセージになっています。


【先輩や上司などの目上の人へのメッセージ】

☆この度はご結婚おめでとうございます

お二人の晴れの門出を心からお祝い申し上げます

☆ご結婚おめでとうございます

幸せなお二人にお会いできるのをとても楽しみにしています

☆お招きありがとうございます

お二人の未来が素晴らしいものでありますようお祈り致します

このように友人へのメッセージより丁寧な言葉使いで書きましょう。

目上の人には失礼がないように言葉使いやマナーが気をつけて書いて下さい。

 

あくまでもこのメッセージは新郎新婦本人に書く例文です。

本人宛ではなく新郎新婦のご両親にお祝いのメッセージを返信する場合は、また違ったメッセージになりますので、返信は誰宛になっているのかをきちんと確認してから書くようにして下さいね。

ぜひ参考にしてみてくださいヽ(=´▽`=)ノ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ