結婚式の靴のマナー|女性はつま先出るのがNG!ストラップはOK?

結婚式のマナーはいろいろあって難しいですね。知っているつもりでも意外に知らない結婚式の靴のマナーをご紹介します。

結婚式の靴のマナーとは?

結婚式、靴、マナー、女性、つま先、ストラップ

結婚式にはいろいろとマナーがあります。

知らないと恥をかいてしまうこともありますので、きちんとした知識を持ち結婚式に出席できるようにしたいですね。

結婚式に履いていく靴にもマナーはあります。

無難にパンプスという人が多いと思いますが、たまにロングブーツで結婚式に来る人がいます。

ロングやショートにかかわらず、ブーツはカジュアルに見えてしまうため、結婚式には向いていません。

サンダルやミュールも同じでカジュアルに見えるので、結婚式に履くのはやめましょう。

また、ドレスが黒で、パンプスも黒、バックも黒という風に全身黒だとお葬式っぽくなってしまいますので要注意です。

どうしても黒に拘りがある人は、パンプスに少しラメが入っていたり、光沢があるパンプスにするなど、お葬式には履いて行けないようなパンプスを選びましょう。

バッグをシルバー系にしてもいいですね。

ヒールの高さについてですが、結婚式では少し高めの7cm位のヒールを履くと足が綺麗に見えます。

ヒールがない靴はカジュアルになりますので、妊娠中だったり足を怪我しているなどの理由がない限りヒールのある靴を履きましょう^^

女性はつま先出るのがNG!ストラップはOK?

スポンサーリンク

結婚式に履く靴は、つま先がでる靴はNGということはご存じですか?

つま先が出るオープントゥパンプスは

つま先➡妻先➡妻が先に逝くに繋がるのでNGなのです。

バックストラップのパンプスはOKなので、かかとは見えてOKでもつま先は見えてはNGというマナーは難しいですね。

正直、初めて結婚式でつま先を出した靴を履けない理由を知った時は、そんな理由で履けないの?と思いましたが、日本には古くから守られてきた言い伝えみたいなものがありますから、きちんと守るべきですね。

しかし、よく考えてみれば、スッキングを履いてつま先をだすのはおかしい感じがしますね。

結婚式に素足は絶対にNGですので、ストッキングを履くことは前提です。

ストッキングとつま先が隠れたパンプスは当たり前の組み合わせということになるようですね。

結婚式は服装から始まり、靴やバック、アクセサリーまで細かいマナーが沢山あります。

知らなかった、ではすまされないこともありますね。

同じ年代の人だけが結婚式のゲストで招待されるわけではありません。

ゲストの中には年配の人も来ています。

どんな年代の人からみても、受入れられるようなトータルコーディネートができる女性は素敵ですので、マナーをきちんと勉強し自信を持って結婚式に出席できるようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ