ウェディングブーケは造花もあり?値段の相場や保存方法は?

花嫁に欠かせないのがウェディングブーケですよね。

小さめで可愛くするのか大きめゴージャスなアレンジにするのかは、あなた次第です!

式場によって色々違うとおもいますが、ブーケの生花や造花について、また値段の相場などについて調べてみました!

ウエディングブーケは造花もokなの?

ウエディングブーケ、造花、値段、相場、保存方法

結論から言うと造花のブーケでも大丈夫です!

ほとんどの方が造花のウエディングブーケはありと思っているようです!

私もウェディングブーケは造花です!なので、ウエディングブーケに造花を使うのは、抵抗もありません。

しかも、式場にあるレンタル品を使うんですよ。最近の造花は本当に綺麗だし、リアルなんです!

結婚式と聞くと生花を想像しがちですが、造花だと、ドレスと色も合わせやすいし、扱いやすいので良いですよ^^

最近では、ブリザードフラワーで作ったブーケもいいですね、生花の質感を残しつつ、自分好みのカラーでアレンジするのもいいと思います。

ただ、ブリザードフラワーは金額が高いのがネックですね>_<

意外と造花で、結婚式をしたって方多いんですよー!造花なら思い出に飾っておいても枯れたりしないので、個人的にはおすすめです。

造花や生花のウエディングブーケ、メリットは?

ウエディングブーケ、造花、値段、相場、保存方法

“造花ウエディングブーケのメリット”

造花のブーケを使うメリットですが、生花にはない色を出すことができるので、ドレスに合わせやすいですね!

挙式をする季節には咲いていない花だけど、好きな花ってありませんか?造花なら季節関係なく好きな花でブーケを作ることが可能なのです!

そうすると、お花自体季節感は無くなってしまいますが、変わりに、色で季節感を出すことができるので、あなたの好みに合わせて作ってみるのもいいかとおもいます!

枯れないこともメリットですね。造花なので枯れることなく、いつまでも飾っておくことが出来ます。結婚式の写真や手作りした小物と一緒に置いておくのは、お洒落で憧れます🎵

あとは、結婚式の前に写真撮影を行う『前撮り』があると思いますが、その時にも使えますね。

生花だと、前撮りと当日2つのブーケを用意しなければなりませんが、造花の場合は前撮りにも当日にも使えます☆

金額も生花より造花の方が安いのが魅力ですね^^

生花のウエディングブーケは1つ3万円くらいしてしまうところ、造花では6千円くらいで済みました(*^^*)

ちなみに実際に購入した造花のブーケがこちら。

【税込・送料無料!】エレガントローズ・ラウンドブーケP(GB21135)【造花・ウェディングブーケ・ブライダルブーケ・ウエディングブーケ・ブーケ】

 

ブーケとブートニアのセットです。

造花なのに本物に近い、とってもクオリティの高い商品だったのでオススメですよ^^かわいいブーケを選びました♪

 

“生花ウエディングブーケのメリット”

生花の場合は、季節感をだせます。もちろんお花なので旬のものを使えば季節感をグッとひきだせますよね。

秋なら、リンゴなどの果実を添えても可愛いかもしれません。

秋にぴったりな結婚式に使いたいお花はこちら

秋の結婚式に使いたいお花の種類や花言葉

 

また、生花は造花には無い、鮮やかと、みずみずしさがあります。やはり生花なので、みずみずしさがあっていいですね!

ブーケとして使ったあとは、押し花や、ドライフラワーなどにして楽しむことができます。

そうやってとっておけば、一生の思い出になりますね!

ウェディングブーケの相場や保存方法

スポンサーリンク

生花でする場合のウェディングブーケの相場は、25,000円~35,000円と高めの値段だそうです。

もちろんデザインや、使う花材によって変わってきます。

今一番人気のあるものは、球状に束ねた”ラウンドブーケ”と呼ばれるもので、金額は、10,000円ほどです。

私もラウンドブーケにしました^^やはり丸い形がかわいいです♡

ウエディングブーケ、造花、値段、相場、保存方法

 

次に人気があるのが、”ティアドロップブーケ”と呼ばれるもので、金額は、50,000円ほどします。やっぱり金額が上がると、ブーケのラインも綺麗です。

ブーケといえばこの形を思い浮かべる方も多いかもしれないですね☆

ウエディングブーケ、造花、値段、相場、保存方法

 

次に人気の形は、”クラッチブーケ”です。金額は15,000円ほどで、小さいものだと3,000円ぐらいで作ることができます。お花をまとめて、リボンでぎゅっと束ねたシンプルなものです。

ウエディングブーケ、造花、値段、相場、保存方法

 

ウエディングブーケの形は、ドレスの形や色、会場の雰囲気も合わせて考えてみるといいですね^^

例えばプリンセスラインのドレスにはラウンドブーケが合いますし、クラッチブーケは緑が多いガーデンウエディングなんかに合いそうですよね~ヽ(=´▽`=)ノ

そちらも参考にしてみてください☆

 

保存の方法も人それぞれですが、生花の場合、押し花にしたり、ドライフラワーにするのが一般的みたいですが、最近では、生花を加工してくれる業者さんがあるので、プロに頼んで、ドライフラワーにしてもらったり、ブリザードフラワーにしてもらったりと色々な方法があります。

造花の場合の保存方法は、ブーケ専用のアクリルケースに入れて飾っておく家が多いと思います^^

人気のスタンド入荷しました!選べるスタンド付☆ブーケを美しく飾るケース[ウェディングブーケ][ブライダルブーケ][プリザーブドフラワー][ブーケケース]

 

ちなみに私はアフタヌーンティーリビングの陶器でできた一輪挿しに入れて玄関に飾っています☆

まとめ

ウェディングブーケも色々なタイプがありますね。造花や生花、それぞれのメリットを考えながらぜひウエディングブーケにもこだわって選んでみてくださいヽ(=´▽`=)ノ

この記事が参考になれば幸いです♪

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ