挙式の時間、ベストなのは何時?時間帯ごとの特徴やおすすめは?

挙式の時間ってどう決めていますか?ベストなのは何時なんだろう?また、挙式の時間帯ごとの特徴も気になりますよね。

私は、親族が夜までには帰れるようにと、夕方には終わる昼間挙式にしました。

理由は皆様それぞれにあるかと思います。時間帯によってはゲストに喜ばれない場合もあるのも事実です!

新郎新婦だけの事情ではなくゲストの方にも喜ばれる時間帯を選びましょう!

ゲストが喜ぶ挙式時間のベストは何時?

挙式、時間、ベスト、何時、時間帯、特徴、おすすめ

挙式の時間帯は、式場によって多少ちがいがありますが、主に3つの時間帯に分かれています。

“午前中の10時〜10時30分”

“午後の14時〜14時30分”

“夕方の18時〜18時30分”

があります。

特にゲストに人気のある時間帯は午後になります。

結婚式に参加する際、いつも以上に身支度に時間がかかってしまいます。

いつも以上に時間と気持ちに余裕を持って行動する必要がある為、午後は丁度良いと言えるでしょう。

午前中の式だと、女性ゲストが髪の毛のセットを美容院でお願いする場合には早朝料金がかかってしまいますしね。

挙式、披露宴を行ったとしても、夕方には終わることから、夜も遅くなる前に帰宅する事が可能なのです。

これなら年配の方や小さな子供さんの居るゲストの方もゆっくり行動できるかと思います。

以上のことから、ゲストに喜ばれるベストな時間帯は、午後の14時〜14時半の挙式と言えます!

挙式の時間帯によっての特徴は?

挙式、時間、ベスト、何時、時間帯、特徴、おすすめ

挙式の時間も、時間帯によりそれぞれ特徴があります。

〈午前の挙式〉
10時〜10時半 挙式
11時〜13時半 披露宴
16時半〜19時 二次会

結婚式の終了時間が早い為、遠方から来たゲストも日帰りする事ができたり、披露宴の時間が昼食となる為、食事時間が中途半端になる事がなく良いのですが、その分朝が早くなる為支度をするのが大変になります。

又、二次会からの参加になる方に合わせると、続けて参加する方にとっては、二次会までの空き時間が長くなってしまうのも難点ですね。

〈午後の挙式〉
14時〜14時半 挙式
15時〜17時半 披露宴
19時〜21時半 二次会

時間に余裕があり、ゲストの方などの支度も、時間に余裕を持ってできます。
披露宴が夕方には終わるので、年配の方や小さな子供さんを連れたゲストさんの負担が少ないです。

しかし、食事の時間が中途半端になってしまったり、二次会終了時間が遅くなってしまうので、次の日が仕事の場合は、少し大変です。

〈夕方の挙式〉
16時〜16時半 挙式
17時〜19時半 披露宴

支度にはかなりの時間がある為ゲストさんにも余裕が出来ます。披露宴の時間がディナーの時間帯なので、食事の時間に丁度良いです。

しかし、時間帯が少し遅いため、年配の方や小さな子供さんにとっては負担になることもあります。

又、遠方から来られている方は日帰りが難しくなってくることがあります。二次会を考えたりすると思いますが、二次会を行える所がかぎられてきます。

 

〈ナイトウエディング〉
18時〜18時半 挙式
19時〜21時半 披露宴

式場がライトアップされていてとてもロマンチックです。
すべての式場で行っているわけではないですが、昼間のウエディングよりも価格が安いです。

しかし、夜遅くになってしまうため、遠方のゲストさんは日帰りが難しくなります。
又、年配の方には、あまり良い印象を与えないこともあります。

挙式におすすめな時間帯

スポンサーリンク

一番おすすめの時間帯は午後から挙式です。

遠方からのゲストさんや年配の方、小さなお子様連れの方の負担も少なく、参加していただけます。
私も、同じ理由から午後の挙式にしました。

午後から挙式の良い所は昼の様子も夜の様子も楽しめること。

挙式の時間帯はまだ明るいため外でのフラワーシャワーなどの演出も楽しめます。

また、その後の披露宴でのお色直し後の入場時や退場の時にはちょうど外が暗くなり、花火の演出ができたりライトアップも楽しめますね☆

 

次におすすめなのが午前中の挙式です。

支度に時間がかかってしまうので、朝はかなり早くなってしまいますが、その分早く終わるので、お家でゆっくりする時間は取れるのでいいかと思います。

以上の二つの時間帯は、昔から結婚式を挙げるのに良いと言われる”大安の午前中””明るい時間帯”に当てはまるため、年配の方にも悪い印象を与えることはありません。

しかし、夕方や特にナイトウエディングは、年配の方にはあまり良い印象を与えないかもしれません。

このように自分達の考えだけで出来ないのが、結婚式の大変な所ですよね。

せっかく来てくださるゲストの方にも気持ちよく参加していただきたいので、そういったことの配慮はとても大切かと思います。

こういった配慮は今後も付き合いを続けていく上で重要になってきます。

まとめ

挙式の時間によってそれぞれ特徴がありますね。

挙式までの期間が短いと、希望の時間に挙式をする事が難しい場合がよくあります。

大安吉日を狙うなら尚更です!人気のある午後の挙式を希望の場合は、挙式までの期間に余裕を持つ事が大切ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ