結婚後の手続き、女性は何が必要?名義変更などの効率的な順番は?

結婚はとても幸せなことですね^^女性は苗字が変わることが多いですが、そのこともうれしかったりして♡

ですがその反面、苗字が変わることで面倒な結婚後の手続きもたくさんあるのです!

この記事では、女性が結婚後に必要な名義変更などの手続きについてご紹介いたします。

女性の結婚後の手続きについて

結婚後、手続き、女性、名義変更、効率的、順番

結婚が決まると、当人達は勿論の事、周囲にとってもおめでたい事ですよね☆

そして、しなくてはならない事が沢山出てくるのも、結婚の現実なんです。

これが、意外とあれもこれも次から次と・・・なんですよ。

私も、数年前になりますが、結婚の手続きで転居ならなんやらと、今思うとかなり手続き関係に歩いた記憶があります。

まず、基本的には提出物として「婚姻届」があります。この届けを出す為には、夫婦になる自分たちの署名捺印以外にも、2名の方の署名と捺印が必要なんです。(友人でもOK)それだけ大きな事実なのです。

そして、住民票など住まいに関しても手続きが続きます。全て契約事項が多いですね。

また、運転免許証・健康保険証・銀行口座・パスポートなどの自分自身が所持していたものも、改正手続きが必要になります。

運転免許証・健康保険証といった身分証明書類なんかは、結婚後なるべく早いうちに手続きしておいた方がいいですよ。身分証明書がないっていう事は、結構不便な物ですから。

結婚後まずは、婚姻届けに始まり、一つ一つ順を追って手続きしていって下さいね。

私は、家庭に入ってからは常にするべきことリストを作って、終わった物は消していく様にしています。結婚後は独身時代とは違って、自分の事も他に配偶者の事や子供の事もしないとならないことが、ぐっと増えますから、メモする習慣を新婚時代にマスターするときっと、いいと思いますよ。

結婚後の女性は何が必要?

結婚後の女性にとって、手続きしていく中で必要になるものも出てきます。

まずは、持っていた方がいいと思われる物として、新姓の印鑑です。

しっかりとした考えのある旦那様だと、独身時代に銀行印や・実印・認印といった印鑑をもっている男性もいるでしょ?

でも、誰しもがきちんと持っている物とも、言えないですよね。

印鑑だって、安い物ではありませんから・・・

ですが、苗字が変わって新しく銀行の通帳を作りたい…等々。

新姓の印鑑がないと困る事って、実は意外とあるものですよね。

とりあえず、安い印鑑を買って後から改印すればいいや?なんて思っても、なかなか改印をしに銀行を訪れる事なんて、意外とできないものです。

私も、経験上新姓になった時に、相手から印鑑をもらっていなかった事で、意外と不便な思いをしました。女性なら、名前の印鑑を1本持っていると便利な事もあるでしょうけどね。印鑑もしっかりとして物を持つ事で、運気アップなんて言いますから、新婚時代にお二人で、今後の素敵な家庭作りの基盤として印鑑を作っておくものいいかもですね。

私は通販で500円しない印鑑を購入しましたが、かわいくてすごくお気に入りです^^

しかも安いのに10年間の保証もついていてありがたいです。

こちらで買いました。

【全品送料無料】 印鑑・はんこ・銀行印・認印おしゃれなマーブルカラー印鑑 全12色 【12.0mm】個人印鑑 ハンコ いんかん 就職祝い 印鑑セット【10P05Dec15】送料無料 会社 ギフト 祝い プレゼント 贈りもの

価格:450円
(2016/7/11 11:27時点)

 

字体も選べるので、ちょっとかわいらしい字体にしてみました♡

印鑑ケースは中が赤いこのようなタイプがおススメです。

◆【印鑑ケース・はんこケース】さくらフラワーケース【ピンク】10.5mm~12mm用/かわいい!/朱肉付き/プレゼントやギフトに!【10.5ミリ・12ミリ・実印・銀行印・認印・個人ハンコ福袋価格】【RCP】

 

中が赤くないと、印鑑についた朱肉が目立って汚く見えますから(;´・ω・)

お気に入りの印鑑や印鑑ケースを見つけてみてくださいね♪

結婚後、名義変更等の効率的な順番は?

スポンサーリンク

本当に結婚すると、なんだかんだって手続きという物があるでしょ?

少しでも、効率的に済ませてしまいたいですよね。

一番最初にしておきたい事は、身分証明書になるものの変更手続きをする事です。

運転免免許証や健康保険証の名義変更はすぐにした方が、銀行で新しく通帳を作る等の時にも、スムーズです。

結婚後、お住まいになる区役所や役場等で婚姻届けの提出と共に結婚したら行う事の窓口を案内したパンフレットをくれる市町村もあります。

このパンフレットも参考になりますよ。配偶者になる方の会社で、年金などの手続きが行われます。女性が自分で行う事は、概ね区役所等のパンフレットにある通りです。

まずは、身分証明書等の改姓を行う事で、段々先が見えてきますよ。

名義が変更されていなかった事で、請求書が旧姓で実家に送られたままだったとか?意外と多く耳にする例として、なるほど・・・ありえるなって思う様なケースを聞いた事がありますから、参考にしてもらえたらと思います。

みんなちゃっかりというか?笑 それで、ご実家の方が負担していて、丸く収まっているのなら、それもありだとは思うケースです。
それは、車についてです。結婚したからといって車の名義変更って、すぐにはしなくてもいいでしょうが、自動車税って、名義変更をしておかないと旧住所で、旧姓で送られてきます。それを、ご実家がずっと支払っている 笑

思わず笑いながらも、いい意味でこんなこともありかもって思っちゃいました。

私の経験から、名義変更等の効率的な順番としては、やはり運転免許証の書き換えから行った事がありますが、一番良かったと思います。

婚姻届け→住民票など市役所での住居関係の手続き→免許証→銀行

が最適の順番となりますね。

免許証の名義変更をする時には住民票などの書類が必要になりますので、実際に行く前にあなたがお住いの管轄である免許センターに電話などをして、必要書類や業務時間を聞いておくと確実です(*´▽`*)

免許証さえあれば、あとの名義変更手続きはたいていできるので(^^♪

その後は順次、クレジットカードや登録している光熱費などの名義変更を行っていきましょう。

 

結婚後、苗字が変わる女性は本当に手続きが面倒ですよね。市役所や免許センターや銀行など、名義変更のための手続きは平日の昼間しかできない場所も多いですしね。

仕事をしていると本当大変!

でもまぁ、その時だけなので頑張りましょう☆

一通りの手続きが終わってしまえば、あとは幸せな結婚生活を送るだけです(#^^#)

ぜひ今回の記事を参考に、名義変更手続きに行ってみてくださいね♪

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ