結婚式の祝儀袋の書き方!中袋には金額や住所?ボールペンOK?

結婚式ご招待を受けた時、ご祝儀って必ず持参しますね。毎回呼んで頂く際に、あれっ?ご祝儀袋の書き方って??

どうやって書くのが一般的だった??と思ってしまいます。

でも、こうしたマナーとも言える事は、知っておかないといざと言う時に恥じを書いちゃいますから、気を付けたいですね。

この記事では、結婚式の祝儀袋の書き方や中袋の書き方を解説いたします^^

結婚式の祝儀袋の書き方

結婚式、祝儀袋、書き方、中袋、金額、住所、ボールペン

結婚式のご祝儀袋の書き方ですが、まず文字数は奇数が基本になります。ですが、最近のご祝儀袋の表書きは、すでに印刷済みの物が多いです。

自分で書く時は「寿」「御祝」「御結婚御祝」がベターですね。

例えば、「祝御結婚」(4文字)はNG、「御結婚御祝」(5文字)がベスト。

贈り主の名前は、やや小さめに書く事です。

結婚式のご祝儀の中袋には金額や住所って必要?

結婚式、祝儀袋、書き方、中袋、金額、住所、ボールペン

ご祝儀袋の中袋の表は包んだ金額を記入する事。裏は住所・氏名を記入します。

市販のご祝儀袋で、記入する欄が印刷済みの物は、記入欄に合わせて書きます。金額の欄が裏にあるものもあります。また、住所と氏名の欄が表にある場合も、記入欄に合わせて書いてくださいね。

私の経験を一つ書かせてくださいね。
独身時代結婚式受付をした時の事、ご祝儀袋の字体に気を付けたいものです。字はあまり大きくならずに、少し小さく書く方が綺麗に見えると思いますよ。

文字も人柄が見えるものです。

日ごろから綺麗な文字を書く事を心掛ける事って、とても大切な事ですよね^^

結婚式のご祝儀袋、ボールペン書きってOKなの?

スポンサーリンク

友達の結婚式の受付をしたときに、中にはボールペンで記入している人がいて、驚いた覚えがあります。

ご祝儀袋はボールペンでの記入はNGです。

筆記具は基本は毛筆や筆ペンを使ってくださいね。特に気を付けたいのが、表書きは筆文字がベストですよ。

また、読んでもらいやすいように、楷書体で書く事。

その時、筆圧も重要だと思います。すらすらと、薄い字って、味気ない物に感じます。

しっかりと、筆圧を意識した書き方をしてください。濃く書くイメージでね。

理想的には、中袋を含めて筆文字素晴らしく理想形ですが、かすれた文字を書かない事や、しっかりした濃い黒字で書く事を意識すると、サインペン等でもOKです。

また、マナーとして知っておきたい事に、筆でも薄墨万年筆はお悔みごとでの使用になりますから、絶対に使わないようにしてくださいね!

 

文字にはその人の人柄のイメージがつけられるものです。

現在の様にWEB社会だと、本当にペンを持つ事って減りましたね?そんな時代だからこそ、意識的に文字を書く事を習慣化させると良いですよね。

結婚式のご祝儀袋のマナー、ぜひ覚えておいてください(*´▽`*)

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ