結婚式のお車代の相場やスマートな渡し方は?封筒の種類と書き方も!

結婚式前の事前準備や事前の勉強はとても大事です。

この記事では結婚式当日、ゲストに失礼のないようにお車代の相場や渡しかた、封筒や書き方などをまとめてみました。

結婚式のお車代って誰に渡すの?相場は?

結婚式、お車代、相場、渡し方、封筒、種類、書き方

結婚式ではお礼の気持ちとしてお車代やその他のお礼を渡します。お礼を渡す方は、

・主賓、祝辞、乾杯、受付を担当する予定の方。

・遠方から来られる方。

・結婚式の中で特に重要なゲストや式の運営に協力してくださる方たち

・交通費がかさむ距離からでも、来ていただきたい方にはお車代をお渡しすることになります。

相場としては、交通費と宿泊費で2万円以上かかる場合は全額負担がベストです。

交通費が5000円以上かかる場合は遠方から車でいらっしゃる方に当てはまるパターンです。できれば全額負担したいですね。

特急券や航空券が必要な場合は現金で渡しますが、事前にわかっているのなら事前にチケットを渡すのも1つの手です。

主賓や乾杯の発生をしてくださる方といえば、会社の上司の方が多いですよね。もっとも、慎重に対応するべきゲストの1人とも言えるでしょう。

相場としては10000円~30000円の範囲です。近場の方でも、10000円は包みましょう。

受付をしてくれるお友達には3000円~5000円が相場のようです。

でも、このお礼というのは本当に人それぞれです。

私が友達の結婚式の受付を頼まれてやった時には、特にお礼はありませんでした。

帰りにもらえるプチギフトをひとつ余分にくれた程度でした。笑

違う友達の結婚式では余興を頼まれ、踊ったり歌ったりとステージの上で楽しませてもらいました。

その時には5000円~10000円をもらっていたのですが。余興でこんなにもらうのはもらいすぎですよね?絶対もらいすぎでした。もっときちんとお礼するべきだったと後悔です。

こんな風に、お礼というのは本当に人それぞれの気持ちなので、あまり失礼のない程度に渡したいものですね。

お車代のスマートな渡しかたは?封筒の種類と書き方も

スポンサーリンク

結婚式当日は想像以上にバタバタします。渡す人数が多い時は受付の時が確実です。

ただし、渡し間違いのないように封筒に付箋を貼るなどの事前準備は必要です。

あまり人目につかないように渡したい人は、式の最中に親族がこっそりと渡すようです。

お車代を入れる封筒ですが、結びきりの祝儀袋を使いましょう。これには『1度きり』という思いが込められています。包む金額

が多いほど豪華なデザインのものを選んだほうがバランスが取れます。

【メール便対応】心付け・お車代 ・お祝いごとに…活版印刷ののし袋<10枚入り> たとう袋 ぽち袋 結婚式 出産 就職 成人 卒業 レタープレス 職人 水引き 結びきり 蝶結び 御車代 封筒

 

祝儀袋の書き方ですが、受付をしてくれた方には『お車代』より『御礼』として包みましょう。

余興やスピーチをしてくれたお友達などにも『御礼』として渡しましょう。

主賓や乾杯の発生をしてくださる方には『お車代』ですね。

結婚式は数時間で終わりますが、事前準備はとても大変です。

一生に1度の結婚式ですから、来ていただくゲストにも満足していただける結婚式にしたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ