結婚や入籍の報告、職場の上司にするタイミングはいつ?言い方や文例

入籍が決まったら嬉しい反面、やることがいろいろと出てきますよね、そんな時大切なのが、上司への結婚報告のタイミングと言い方です。

しかし、どういうふうに切り出したら良いのか難しいですよね。

ここでは結婚報告の言い方や例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね

結婚や入籍の報告マナー

結婚、入籍、報告、職場、上司、タイミング、いつ、言い方、文例

結婚や入籍が決まると職場にも報告しないといけないわけですが、それにもちゃんとした順番があるのをご存知でしょうか?

これを間違うと相手に嫌な思いをせてしまします。

まずは、自分の直属の上司に報告して下さい。そこで、上長への報告はどうすればよいかを相談します。

他の部下から上司に伝わるなんてことが恥ずかしい事が無いように、気をつけないといけません。

次に、上長への報告ですが、場合によっては直属の上司がしてくれます。

その後に、職場全体への報告になります。

その時にはじめて、同僚や友人に結婚の話をする事ができるというようになります!

なぜこのような順番が必要かというと、結婚するってなると、会社側もしなければならない事があります。

奥さんが、仕事を辞める場合、扶養などの手続き、結婚式や新婚旅行をする際には、まとまった休暇が必要になります。

なのでお互い気持ちよく仕事をしていく上で、こういったマナーはとても重要になります。

直属の上司を飛ばしてしまうと上司の顔が立ちません。

上司という立場上、部下の動向を把握しておくのも仕事の一つなのです。

ちょっと面倒ですが、きちんと覚えておきましょうね^^

職場への結婚報告のタイミングは?

結婚、入籍、報告、職場、上司、タイミング、いつ、言い方、文例

会社への結婚報告のタイミングは、結婚、入籍の3〜4ヶ月前がベストです。

直属の上司に、相手の簡単なプロフィールと、結婚後はどのように働いていくかなどを、伝えておく必要があります。

女性の場合、結婚をきっかけに退職する方もいると思うので、自分の考えをしっかりと伝えて下さいね。

最近では、結婚式をしないカップルや親族のみで行うカップルも多いので、結婚式をするのかどうかなども、伝えておく必要があります。

会社によって、報告をする相手が変わってくる場合もありますが、基本的にはこの流れになります。

結婚って自分たちの問題だから、適当でいいんじゃ無いの?なんて思っちゃう方もいるかもしれませんが、そういうわけにはいかないのです。

扶養などの手続きがあったり、会社によってはお祝い金が出たりもします。

女性であれば、名字も変わります。

同じ職場だった場合、移動や転勤などもあります。

又、妊娠していた場合は、休職のための手続きなども必要になってきます。

結婚って自分たちだけのものでもないんですね。

上司へ結婚報告する際の言い方や例文

スポンサーリンク

〈結婚式に招待する場合〉
この度結婚することになりました。
相手の方は、○○会社に勤める、△△ △△さんです。

つきましては、上司に結婚式への出席いただきたいとおもっております。
日程は、○月○日に△△で挙式をする予定です。

披露宴では、スピーチをお願い出来ますでしょうか?

また、結婚後も引き続き、勤務させていただきたく存じます。
新婚旅行のために休暇を頂戴したいのですが、ご理解いただけましたら幸いです。

<結婚式に招待しない場合>
相手のプロフィールを言うまではは同じ文面になります。
結婚式は○月○日に親族のみでの予定のため、職場の皆さんには改めてご挨拶をさせていただければと考えております。

なお、挙式後、引き続き新婚旅行のために休暇を頂戴したいのですが、ご了承頂けましたら幸いです。

結婚後も引き続き勤務をさせていただきたいと思っております。

 

上司への結婚報告の言い方、ぜひ参考にしてみてくださいね☆

まとめ

結婚ってすごく幸せなことですが、現実は決まったあとにする事が色々あって大変です。

特にこうした上司などへのマナーは大人なのでしっかりしておきたいですよね。

私は、パートで働いていたので、あまりきちきちした感じにはしなかったのですが、こう言う場面でちゃんと言える人ってカッコいいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ