国際結婚の手続きを日本でする場合、婚姻届に必要な書類は?

国際化に伴い増加傾向にある国際結婚。

国際結婚の手続きって、なんだか難しいしイメージがありますよね。でも、しっかりポイントを押さえておけば大丈夫です^^

この記事では日本で国際結婚する場合の手続きについてまとめてみました。

国際結婚の現状は?

国際結婚、手続き、日本、婚姻届、必要な書類

私にとっては全く現実味のない憧れの国際結婚ですが、最近は凄く増えていますね☆

日本では20組に1組。東京では10組に1組が国際結婚です。そして、日本女性で1番国際結婚が多いのは沖縄でした。

東京では10組に1組がが国際結婚だなんて聞くと、なんだかすごく多いような気がしますね!

でも芸能人を見てもハーフのモデルさんやタレントさんが多いので、それだけ国際結婚が多いのもうなずけますね!

昔に比べて海外への利便性が良くなり、海外に行く機会が増えたことや、婚活ブームであることも国際結婚が増えた原因です。

それでも、少なからず国際結婚に対する偏見はいまだにあるのも事実です。

上昇し続ける国際結婚率ですが、問題点はないのでしょうか?

違う国で育ったのですから、文化や習慣が違うことや、言葉の壁などの問題はやはりありますよね・・・

離婚率は日本人同士の結婚よりやや高いみたいです。

日本人同士の結婚でも、性格の不一致など結婚生活はなかなか大変で離婚も多いのですから、国際結婚はなおさらかもしれませんね!

ただ、日本人同士の結婚は離婚するときの処理は紙1枚でいいので比較的しやすいですが、国際結婚では離婚の手続きも大変ですし、子供がいる家庭は更に大変になります。

よくわからない文化が待つ国に嫁ぎ、色々な壁にぶつかりながら、生活できる人は本当に我慢強くて尊敬します>_<

それでは、国際結婚に必要な手続きや必要書類についてまとめてみますね!

国際結婚の手続きを日本でする場合、婚姻届に必要な書類は?

スポンサーリンク

先進各国では偽装結婚が急増しているため、それを防止するために国際結婚の手続きも年々複雑になっています。

また、国際結婚は双方の国での婚姻手続きが必要です。

双方の国での婚姻届けが必要だなんて・・・

県外にひょいっと遊びに行くのと違って飛行機で何時間もかけていくわけですから、大変ですよねー!!

日本で国際結婚をする場合の必要書類はこちらです。

・配偶者になる人のサイン済みの婚姻届
・戸籍抄本(婚姻届先が本籍地役場ではない場合、日本人に必要)
・パスポート(配偶者となる外国籍の方が日本にいる場合)
・婚姻要件具備証明書(配偶者となる外国籍の方について必要)

ではありますが、日本全国の役場では提出書類が統一している訳でないので、提出前に事前確認は必要ですね!

ところで『婚姻要件具備証明書』とはなんのことでしょう?

それは、外国人配偶者が独身であり、結婚することに問題がないことを証明する書類です。

『婚姻要件具備証明書』を発行していない国もあり、それに代わる書類の提出が必要です。

日本で無事に婚姻届を受理してもらっても、それで手続がおわりではないのです。

2人が結婚したことを相手の国の在日大使館・幹事管に届け出ます。

まとめ

国際結婚は、本当に大変ですね>_<

日本人同士の結婚は簡単に言えば紙1枚です。たまたま好きになった人が外国人というだけなのに、結婚するために色々な物を揃えなくてはいけないのですね。

こんなに大変な思いをして結婚したのですから、幸せな結婚生活を送って欲しいです^^

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ