結婚式の見積もり書の見方や値引き交渉の方法!費用を削るポイント

結婚式の見積もり書の見方や値引き交渉の方法をご紹介します☆

結婚式の見積もり書の見方

見積もり書

結婚式の見積もり書は正しく見て、無駄なものがないかということや、足りないものはないかなど契約前にひとつひとつチェックをする必要があります。

  • 税込表示か税抜き表示かの確認
  • 参加ゲストの人数
  • 食事の内容
  • プランの内容
  • 装花の内容
  • 新郎新婦の着付け料
  • 写真やビデオの内容
  • ペーパーアイテムの内容
  • 引き出物の内容

こちらから細かくチェックしていかないと「見積もり書に書いてあった内容だとショボすぎるから追加料金をかけなければならなくなった」ということが発生します^^;

そのため、じっくりとチェックしましょう!

結婚式の見積もり書のチェックポイント

見積もり書

実際に細かく見ていきましょう☆

  • 参加ゲストの人数→多めに出しておくと良いです!
  • 食事の内容→食事のコースが何段階かある場合はとりあえず真ん中のコースを選んでおきましょう。また、デザートはどんなものがつくのか、プラスいくらかでデザートビュッフェに変えられるのか、子供の食事やドリンクの金額も聞いておきます。
  • プランの内容→プランの中には何が含まれているのか一つ一つ確認します。プラン内の物でクオリティが低すぎないかどうかも確認しておきます。また、人前式の代金には何が含まれているのか(リングピローや誓約書、フラワーシャワーなど)も確認しておきます。細かく見ていくと「フラワーシャワーは造花ならプラン内ですが生花ならプラスの代金がかかります」という風に金額が変わってくるものです。
  • 装花の内容→見積もり書に記載された金額の装花のクオリティが低すぎないか確認しておきます。
  • テーブルクロス→意外と見落としがちなのがテーブルクロスです!当然料金に含まれていると思いきや、スタンダードのものだと地味すぎて使えないという場合もあるので、基本はどんなテーブルクロスなのか、ピンクなど色を変える場合はプラス料金がかかるのかなどを確認しておきましょう。
  • 新郎新婦の着付け料→ドレスの着付け料と着物の着付け料が別に取られるのか。同じ日に撮影しても、和装だけ別の日に撮影しても着付け料は変わらないのか。
  • 写真やビデオの内容→見積もり書に記載されたものでどんなクオリティのアルバム、ビデオなのかをチェックしましょう!
  • ペーパーアイテムの内容→招待状・席次表・席札はもちろん、切手代は入っているのか、表書きをプロに代筆してもらう場合の金額も聞いておきます。ペーパーアイテムは手作りが絶対お得です!
  • 引き出物の内容→カタログギフトの場合、システム料も込みの金額なのか。

見積もり書の費用を削るポイント

スポンサーリンク

見積もり書をじっくり見た上で「ここの費用はなんとか割引できませんか?」という風に交渉していきます^^

例えば乾杯用のスパークリングワインの代金や会場使用料など。

本来あまりコストがかかっていないようなところに目をつけて聞いてみると効果的です☆

また、式場に頼むのではなく、自分で外部業者に依頼したほうがずっと安くなるものもあります。それはカメラマンや引き出物、ペーパーアイテムや花束などです。

自分で用意する場合は持ち込み料がどこまでかかるのかしっかり聞いておきましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ